Seminar

最高のチームと自分を創るリーダーシップ ~Lead the self! Lead the team!~ #汐アカ

Written by Hiroyuki Arai

ざっくりまとめると…

  • 意思決定とは、何かをするかを決めることで、何をしないかを決めること。その決定のよすがになるのは直感。直感とは譲れない思い。それこそが、仕事をする上で大切な価値観
  • 人を巻き込むにはどうしたらいいか?リーダーシップはテクニック論ではない。Lead the people, Lead the societyの前提として、Lead the selfであるべき
  • 自分の価値観を知り、その前提で未来を考える。未来を変えるためには、今日を変えることの蓄積でしかない
  • チームは目的に向かっている。それをリードするのがリーダーシップ。マネージメントはチームの力を最大化すること。ひとりひとりのパフォーマンスを最大化することで、チームの力を最大化する
  • ひとりひとり価値観は異なる。みんな違ってみんないい。だから、マネジメントは常に”1対1″。相手から引き出す(コーチング)、アドバイス(フィードバック)、教える/指示する(ティーチング)
  • チームビルディングのためのチームビルディングは不要。信頼関係さえできていれば勝手にチームはできていく。目的を共有し、信頼関係を築くことがまず先
  • 熱く語る=コミュニケーションは量が質を生む
    メンバーの小さな進捗を認める=信頼関係を生む
    1on1でひたすらコーチング=自分が思うことを言わせて自主性を確立する

最高のチームと自分を創るリーダーシップ ~Lead the self! Lead the team!~

今回の汐留アカデミーは、ヤフー株式会社のコーポレートエバンジェリスト 「Yahoo!アカデミア」学長として次世代リーダーの創出と育成を担い、グロービス経営大学院でもリーダーシップ科目の教壇に立つ伊藤羊一氏を講師にお迎えします。

人口減少と共に経済成長率も低下する現在の日本。人工知能などに代表される技術革新、先の読めない国際情勢など我々を取り巻く世界は新たな局面を迎えています。今後も外的環境は激しく変化し続けていくことが容易に想像できますが、このような混迷の時代において、力強く時代を牽引することの出来る『強くて最高のチームと自分を創るリーダーシップ』とはどのようなものなのでしょう。

この大変化の時代において、数々のリーダーと向き合い、『時代を創るリーダー』を育成し続けてきた伊藤氏と、【リーダーシップ・マネジメントの原点】について、じっくりと、そして熱く語り合ってみませんか?
最高のチームと自分を創るリーダーシップ~ Lead the self ! Lead the team ! ~ | クライス汐留アカデミー | クライス&カンパニーのキャリアイベント(セミナー)


第一部:プレゼンテーション「最高のチームと自分を創るリーダーシップ」

第二部:ディスカッションタイム「最高のチームを創るためにあなたは何をしていますか?」 

About the author

Hiroyuki Arai

ビジネスクリエイター、インキュベーター、アクセラレーター、コンサルタント。エンジニアとして、PHP/HTML/CSSのマークアップ言語によるWebサイトの制作、SEOエンジニアリング、アクセス解析アナリストを経験した後、IT領域の技術/潮流をベースとしたエスタブリッシュ企業向けのコンサルタントを経て、複数のIT企業にて、Web/アプリ系、O2O系、IPライツ系の新規事業立ち上げに注力。事業開発から経営企画業務まで、事業および会社立ち上げに関する業務を幅広く経験。