Seminar

「女性起業家は夢を語れ」「女性にとって追い風の環境ができてきている」 ::日本初!女性VCが語るスタートアップの未来

Written by Hiroyuki Arai

現在、日本のベンチャー界には、多くの独立系VC・ネット系CVCが存在しています。

しかし、スタートアップ業界において「スタートアップで起業・働く女性」と「スタートアップを支える女性VC」の両者は依然とても少ない状況となっております。

そこで、スタートアップと関わりがある女性VCが、、なぜスタートアップ・VCとして働いているのか、どのような目的・展望で投資事業を行なっているのか、複数の女性VCから話を伺うことで、深くスタートアップ業界について知るきっかけにしてもらいたいと考え、開催致しました。

■テーマ案
1.投資事業の真意や目的 (投資事業を行う理由や、出資の目的とは)
2.出資実績・VCの各社の特徴や強み (投資先の紹介や、投資理由について)
3.女性VCのライフスタイル
4.今後のスタートアップ市場をどう思っているか?
   (着目している分野・領域、伸びるだろう分野)
5.スタートアップの女性割合を増やすためには?
日本初!女性VCが語るスタートアップの未来 on everevo


パネルディスカッション


矢澤 麻里子 Mariko Yazawa
株式会社 サムライインキュベート
シニア・アソシエイト

日米でソフトウェアベンダーのコンサルタント、シリコンバレーのFenox Venture Capitalで世界中のスタートアップのデューデリジェンスと資金調達支援に携わる。2013年よりサムライインキュベートに参画。投資先の発掘、メンタリングに加え、インキュベーションのシステム化プロジェクトを担当。ニューヨーク州立大学犯罪司法学士。


山脇 真波 Mana Yamawaki
株式会社 産業革新機構
ヴァイスプレジデント

2006年、国際基督教大学を卒業し、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社。
幅広い業界において、国内外の企業に対する経営や組織・オペレーションのコンサルティングに携わる。
2010年に渡英し、The London School of Economics and Political Scienceで開発学(開発経済・政策)の修士号を取得。
2012年より、株式会社産業革新機構に参画し、投資事業グループにてプライベート・エクイティー投資を担当。
2013年から戦略投資グループにてベンチャー投資に従事し、ビッグデータ・プラットフォームビジネス領域やファンド投資等の案件を担当。


羽鳥 裕美子 Yumiko Hatori
株式会社 グロービス・キャピタル・パートナーズ
シニア・アソシエイト

2007年グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)入社。主にIT活用サービス分野を担当。現在の担当投資先は大都、スマイルワークス、ノンストレス、キラメックス。GCP入社前は、トヨタ自動車株式会社調達部にて調達業務に従事するほか、自動車部品の発注・価格決定業務、原価低減・品質向上活動、及びグローバルでの調達戦略立案業務に従事。 名古屋大学法学部卒、Asian Institute of Management (Manila, Philippines) MBA修了。


佐藤 真希子 Makiko Sato
株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ
インベストメント・マネージャー

2000年にサイバーエージェントに新卒一期として入社し、インターネット広告部門にてネットマーケティングの戦略立案、実行支援に携わり、2003年に最優秀MVPを受賞。2年間のマネージメントを経て、子会社での新規事業に携わり、2006年10月より、サイバーエージェント・ベンチャーズにて、国内のベンチャー企業への投資活動及び経営支援業務に従事している。投資先はのべ20社以上、メディアフラッグ、フォトクリエイトのIPOを実現した。プライベートでは3児の母であり、夫は2014年1月に株式会社スペースマーケットを創業している。
http://www.cyberagentventures.com/team/57.html


椿 奈緒子 Naoko Tsubaki
株式会社VOYAGE GROUP シリアルイントレプレナー
パワーママプロジェクト主催

上智大学卒業後、総合商社を経て2004年にサイバーエージェント入社、半年後に社内事業プランコンテストで優勝、女性向けサンプリングサービスを立上げ。その後、ビジネスポータル事業を展開するcybozu.net株式会社の立上げ、代表取締役CEOに就任、メディアマネタイズの「HubsMedia」、Andoidアプリをレコメンドする「appmom」、アンケート結果をニュースにする「瞬刊!リサーチNEWS」、そして現在は、リサーチのパネルを活用した広告クリエイティブテスト「ADTest」を事業立ち上げてグロース中。11年間シリアルイントレプレナーを続けている。株式会社VOYAGE GROUPでは、ポイントサイトのECナビのメディアグロースも担当。プライベートでは1児の母、夫はブラジル人。ワーキングマザーのロールモデルデータを蓄積しシェアする「パワーママプロジェクト」を主宰。


About the author

Hiroyuki Arai

ビジネスクリエイター、インキュベーター、アクセラレーター、コンサルタント。エンジニアとして、PHP/HTML/CSSのマークアップ言語によるWebサイトの制作、SEOエンジニアリング、アクセス解析アナリストを経験した後、IT領域の技術/潮流をベースとしたエスタブリッシュ企業向けのコンサルタントを経て、複数のIT企業にて、Web/アプリ系、O2O系、IPライツ系の新規事業立ち上げに注力。事業開発から経営企画業務まで、事業および会社立ち上げに関する業務を幅広く経験。