Infinity Ventures Summit Startup

「事業の制約になるようなビジョンは、決めないことが大切」大企業が語る次の成長の創リ方 ::IVS 2015 Spring Miyazaki #IVS

Written by Hiroyuki Arai

IVSは主にインターネット業界のトップレベルの経営者が一同に会し、業界展望や経営に関して本気で議論する場である。年2回約700名の招待制オフサイト・カンファレンス(3日間)を開催しています。
新サービスの発表の場「Launch Pad」も同時開催しています。
Infinity Ventures Summit


【Session 4】次の成長をどのように創るのか?

【Session 4】次の成長をどのように創るのか?登壇される皆様です。(スピーカー)株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO 守安 功 氏LINE株式会社 代表取締役社長CEO 出澤 剛 氏ヤフー株式会社 取締役副社長 兼 最高執行責任者COO 川邊 健太郎 氏(モデレーター)株式会社プロノバ 代表取締役社長 岡島 悦子 氏#IVS

Posted by Infinity Ventures Summit on 2015年6月11日

【Session 4】 次の成長をどのように創るのか?[LINE株式会社 代表取締役社長CEO 出澤 剛 氏]『LINEが特徴的なのは、「ビジョンを決めない」こと。普通は「成功したLINEを使って世界を変える」等のビジョンを作りたくなると思うけど、そうなるとLINE以外の新たなものは生まれてこない。事業の制約になるようなビジョンは、決めないことが大切。』#IVS

Posted by Infinity Ventures Summit on 2015年6月11日

【Session 4】 次の成長をどのように創るのか?「質問:既得権益層と衝突した際に、大事なことは?」[ヤフー株式会社 取締役副社長 兼 最高執行責任者COO 川邊 健太郎 氏]『まず本音で話すこと。そして、きちんとした法制度に基づいた前向きな提言をすること。ユーザーファーストに基づき、法制度を押さえた上で、戦いを行うべき。』#IVS

Posted by Infinity Ventures Summit on 2015年6月11日

【Session 4】 次の成長をどのように創るのか?[株式会社ディー・エヌ・エー 代表取締役社長兼CEO 守安 功 氏]『DeNAは、圧倒的な強さを持つサービス/ブランドを持たないが故、自動車など様々な業界の大企業と柔軟に取り組みを進めることが出来る。黒子を良しとするマインドが強みにもなると思っている』#IVS

Posted by Infinity Ventures Summit on 2015年6月11日

【Session 4】 次の成長をどのように創るのか?「質問:新規サービス/領域への進出時に、人的リソースをどう割いているか?」[LINE株式会社 代表取締役社長CEO 出澤 剛 氏]『常に、全社の1/3くらいのメンバーを、新しいこ…

Posted by Infinity Ventures Summit on 2015年6月11日


About the author

Hiroyuki Arai

ビジネスクリエイター、インキュベーター、アクセラレーター、コンサルタント。エンジニアとして、PHP/HTML/CSSのマークアップ言語によるWebサイトの制作、SEOエンジニアリング、アクセス解析アナリストを経験した後、IT領域の技術/潮流をベースとしたエスタブリッシュ企業向けのコンサルタントを経て、複数のIT企業にて、Web/アプリ系、O2O系、IPライツ系の新規事業立ち上げに注力。事業開発から経営企画業務まで、事業および会社立ち上げに関する業務を幅広く経験。